壮大なスケールの歴史物語!吉川英治「三国志」 

とにかく壮大な歴史モノです!三国志というワードだけなら、知っている方は多いでしょう。
今から約1800年前の中国大陸の物語です。中国らしく、とにかくスケールが大きい!数行の記述で数万人が戦って死んだりします!
日本の歴史上最大の合戦は関ケ原の戦いで、このとき動員された東西軍の兵士は約10万人ですが、三国志では100万人単位の兵が戦う戦(いくさ)が何度も出てきます!
本としても膨大な量があり、文庫本にして8巻、合計して3200ページはありましょうか、しかも挿絵や写真は文章中に一切ありません!ストーリーラインは、漢王朝が腐敗し、様々な勢力が力をつけ乱世になりつつある世の中、とある村の青年「劉備玄徳」が、この世界を世直しするために立ち上がるところからはじまります。
劉備が関羽、張飛と義兄弟の関係を結ぶ「桃園の誓い」は名シーンです!敵対する「乱世の奸雄」曹操との戦い、天才軍師諸葛亮との出会い、後半からは劉備が皇帝として建国される蜀、曹操が実権を握る魏、孫家の呉により三国のせめぎあいと、ハマると読んでいてページをめくる手が止まらなくなります!私はこの長大な物語を、電車通勤の帰りに読みふけっていました。
お時間があり壮大なドラマを味わいたい人は、ぜひご一読を!