職業としての小説家を読んで

とりわけ村上春樹のファンと言うわけではないのですが、駅の本屋でたまたま目に止まり、気になり購入して読んでみた本の一冊です。内容は、作者である村上春樹が小説家になった経緯や、普段はどのように執筆しているかなど、彼自身の小説家としての生活やこれから小説家になりたいと考えている人に向けたメッセージなどが書かれたエッセイ本です。国内はもちろん、海外にも多くのファンを持つ彼の独特のスタイルや、小説家というちょっと変わった人たちのエピソードなども語られており、小説で垣間見る村上春樹のイメージとは少し異なる目線で読み進めることが出来ました。

今まで何となく聞いたことがある程度だった彼の生い立ちや、デビューの経緯、小説家と言う職業に対する考え方が面白かったです。不摂生なイメージが付きまとう小説家ですが、それすらも文中で一掃されます。小説家って噂に聞く通りいろんな人がいるんだな、と思う一方で、彼の価値観や人間性に強い魅力を感じました。旅行をしながら文章を書き、気分転換にふらりと海外に出かける描写は思わず憧れを抱いてしまいます。こんな生活が出来たら良いなと思ってしまいました。

この本の中では現在の業界の話や、小説以外の仕事をする村上春樹のエピソードなども書かれています。村上春樹ファンにはもちろん、これから小説家や物書きになりたい人にもぜひ読んで頂きたい一冊です。あなたの小説家のイメージが少しだけ変わるかもしれませんよ。