日々是好日

最近読んで面白いなと思った小説は、森田典子さんの「日々是好日」です。(にちにちこれこうじつ)と読みます。著者の森田さんが経験した茶道のことが色々と書かれています、映画にもなり、先日他界された樹木希林さんが出演しているので、本屋さんでおススメされていました。

森田さんが、茶道を始めてみて、そこから感じたものを色々書いてあるのですが、私自身、茶道にはあまり興味はありませんでしたが、すごく興味深いばかりでした。茶道の動作なんですけど、日々の生活にも繋がるような、参考に出来るようなことが書かれていて、とても面白いなと思いました。

1つのことで、それをそのことだけに生かすのではなく、そこから色々発想させて、生活の知恵みたいにしていくこと、それを考えることが好きなので、面白かったです。読む前は、茶道に興味がなくてこの1冊を手にしたんですけど、読み終えてみると、茶道に興味を持ちました。1つ1つの動作に意味がある、ただ楽をしたいからそれをするわけではない、昔からあるものだからこそ、余計に深く感じます、茶道というと、とても硬いイメージがありましたし、やったことがない人やこの本を読んだことがない方でもそう思われる方も多いと思いますが、もっと楽に考えて見ても良いのかなというきっかけを与えてくれた本でしたので、機会があれば茶道教室のドアを開いてみたいなと思いました。勝手なイメージを持つことは、やはり良くないなと思いました。