プロゴルファー猿はとにかく技がすごかったです

プロゴルファー猿という天才的にゴルフが上手な少年の物語ですが、本名が猿谷 猿丸といういかにも猿と呼ばれやすい名前だけではなく見た目もにている面白いキャラクターです。

岡村隆史がこの漫画の主人公になってドラマで演じればよいのにと思ってしまいます。この漫画は藤子・A・不二雄が書いているので少年のことをよく知っていて子供向けの漫画でしたが、今見ても面白さが伝わってきます。

プロゴルファーと名乗っていますが今のツアープロではなくお金持ちと賭けて試合をするのでそういう名称になっています。

とにかく主人公の猿が野生児で負けず嫌いでお金にがめついところが魅力的です。最初の頃は野生の樹から手彫りしたドライバー一本でコースを廻るので実際にゴルフを始めたときにとても無理だと思いましたがそこが漫画の面白いところです。

一番お気に入りなのは旗つつみという技で、ピンフラッグに直接球をあてて減速させてカップインを狙うことですが、当然そのときの風向きにより旗の位置が変わるので相当困難な技です。

実際ゴルフを始めたときにグリーンそばからアプローチしたときに狙ったことがありますが、だいたいオーバーしてしまいます。それでもごくまれにあてる人もいて、思わず旗つつみというので皆プロゴルファー猿を読んでいたのだなと思ってしまいます。

ほかに覚えている技で岩返しという調節ピンを狙いときに岩の跳ね返りを計算してショットを打つことがありますが、相当な腕がないとできません。

対戦相手で印象に残っているのはドラゴン打ちの竜です。ブルースリーをモデルにしていることは明らかでヌンチャクの先がクラブになっていてそれで球を打ち込みます。現実にはあり得ない打法ですが、漫画ならではの面白さと迫力がありいい戦いだったことを覚えています。