『添削!日本人英語 世界で通用する英文スタイルへ』谷本真由美 / ポール・ロブソン共著 

この本の著者はツイッターでご意見番として人気の著述家の谷本真由美さんとご主人のポール・ロブソンさんです。谷本さんは元国連職員でロブソンさんとはネットを通じて知り合ったという、現在ロンドン在住の国際カップルです。 ロブソンさんは大学の教授で、以前はツイッターから募った希望者に英語のライティングの添削をされていました。ですから、この本はその企画の流れです。 内容は谷本さんがツイッターで人気を博する元に... Read More

もっと読む 『添削!日本人英語 世界で通用する英文スタイルへ』谷本真由美 / ポール・ロブソン共著 

ジャンプのハイキュー!!

ハイキュー!!は、バレーボールのスポーツ漫画です。 主人公「日向」は、通りすがりの電気屋さんから流れた高校バレーの試合を観て、バレーボールに魅せられることになります。ただ、バレーに魅せられるわけではありません。 小さくても飛べる!「小さな巨人」に憧れを抱きます。 中学時代は部活がなく、バスケットボール部の友達、サッカー部の友達などに手伝ってもらって練習します。 中学時代最初で最後の試合に出場します... Read More

もっと読む ジャンプのハイキュー!!

実在した本当の水戸黄門像が分かる「光圀伝」(冲方丁著)

江戸時代の天下の副将軍、水戸光圀の生涯を描いた歴史小説「光圀伝」(冲方丁著)は、決して「ドラマ・水戸黄門の長編版」ではありません。  実在の徳川光圀の波瀾万丈の一生を、著者らしい微に入り細にわたった、よく取材された筆致で書いた、まさに力作だといえます。私は冲方の出世作である「天地明察」よりこちらの方が傑作ではないかとさえ思っています。  将来を約束された超名門、徳川御三家の子息として生まれた光圀。... Read More

もっと読む 実在した本当の水戸黄門像が分かる「光圀伝」(冲方丁著)

娘萌えに目覚める「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」

「うちの娘~」は、同名ライトノベルを原作とした、ほた。さんのコミカライズです。原作は勿論ですが、こちらも絵の可愛さ、「娘」の可愛さを存分に楽しめて、とても魅力的。 舞台は、妖精や魔人、人間が共存する世界。剣と魔法が存在する、王道ファンタジーです。 若年ながら凄腕冒険者として名を馳せる青年・デイルは、森の中で魔人族の幼女・ラティナを保護します。片角を折られた罪人であり、親の死体の側にいた、痩せこけた... Read More

もっと読む 娘萌えに目覚める「うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。」

稲盛和夫さんの生き方

大ベストセラーとなっている稲盛和夫さんの著書生き方です。 実際にこの本を通して学んだことは、日々の生活を一生懸命にいき、感謝しながら社会に貢献していくといった自己啓発本です。 この本に出会うまでは、私自身非常にメンタル的に落ち着かない日々が続いていました。 何をやるにもネガテイブな方向に考えてしまい、人生も半ば諦めかけていた頃にこの本に出会い人生の方向性が変わったように思います。 稲盛和夫さん自身... Read More

もっと読む 稲盛和夫さんの生き方

ハミガキをする時は天然の動物の毛で出来ている歯ブラシを使うと良い

ハミガキをする時は天然の動物の毛で出来ている歯ブラシと石けん歯磨き粉を使うと良いです。 今スーパーマーケットやドラッグストアで売っている歯ブラシは、ブラシの部分がナイロンで出来ているものが大半だと思います。 ナイロンは化学繊維なので、ナイロンで出来ている歯ブラシを使って歯を磨くよりも、天然の動物の毛で出来ている歯ブラシを使ったほうが歯や口の健康に良いと思います。 天然の動物の毛で出来ている歯ブラシ... Read More

もっと読む ハミガキをする時は天然の動物の毛で出来ている歯ブラシを使うと良い

脱毛に便利な脱毛ワックスシート

脱毛ワックスシートは脱毛をしたい時にとても便利で良い商品です。 脱毛ワックスシートは色々なメーカーから発売されています。 私が特におすすめしたい脱毛ワックスシートはVeetというフランス製の脱毛ワックスシートです。 このVeetの脱毛ワックスシートは、白いシートにグリーンカラーの粘着力のある脱毛ワックスが付いていて、この脱毛ワックスシートを脚や腕や脇やビキニラインなどの脱毛したい部分に貼り付けて、... Read More

もっと読む 脱毛に便利な脱毛ワックスシート

清廉な爽やかさを感じた「さわらびの譜」

時代小説なのですが、どちらかというと若い世代のちょっと気恥ずかしい「青春」的な物語を楽しめる一冊でした。 主人公は、弓道で武士として殿様に仕えている家の長女。 我が家の弓道を継ぐには、途中からの婿ではなく生まれた時から、弓に触っていなければと言う父親の考えから、女性だけど弓使いとして、育てられています。 某少女マンガの金字塔、ベルサイユのバラ的なのですが、少し違うのは武士道的な精神は叩き込まれてい... Read More

もっと読む 清廉な爽やかさを感じた「さわらびの譜」

「ホームレス中学生」を読んで、感じたこと

この小説は、お笑い芸人の麒麟というコンビの田村さんと言うかたの今までの人生を書いたノンフィクション作品となっています。 中学2年生の主人公である、田村はある日突然ホームレスになってしまいます。そこから多くの困難が立ちはだかります。そのような小説となっています。 中学生2年生で家を無くすと言うのは、当時私には考えられませんでした。食料がなく、段ボールを食べたこともあるそうです。私が同じ立場にあったら... Read More

もっと読む 「ホームレス中学生」を読んで、感じたこと

「命のカウンセリング」を読んで、私の考え方が変わりました。

この本の作者は心理カウンセラーをしている方です。その心理カウンセラーをしていて実際に出会った人とのお話が書いてあります。 この作者さんは心理カウンセラーになるまでにとてもつらい経験をしています。その作者さんとは違うつらい経験をしてきた人たちが心理カウンセラーを受けることにより、人間が持つ豊かな感情がどんなに自分たちにとってだれだけ大切なのか考えられる内容です。 お話の一つに悲しみをこらえ、悲しいは... Read More

もっと読む 「命のカウンセリング」を読んで、私の考え方が変わりました。